• IT転職IT求人

    転職大辞典 ~エンジニア転職副読記事Vol.5~
    円満な転職に向けて内定後の準備

    転職大辞典 退職願
    仕事の内容:
    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第5回目は、円満な転職を迎えるための、引き継ぎの心得や退職願の書き方についてです。

    円満な転職へ1 ~退職に向けての手順~

    退職の意思は、退職日の2週間前に申し出るのが民法で定められています..........
    応募資格:

    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第5回目は、円満な転職を迎えるための、引き継ぎの心得や退職願の書き方についてです。

    円満な転職へ1 ~退職に向けての手順~

    円満な転職へ1 ~退職に向けての手順~ エンジニア転職・人材紹介サービス

    退職の意思は、退職日の2週間前に申し出るのが民法で定められています。しかし1ヶ月前までに申し出ることを社内ルールとしている企業も多いので、自社の就業規則を必ず確認するようにしてください。もちろん後任に業務を引き継ぐとなると、1ヶ月では不十分な場合もあると思います。立つ鳥跡を濁さずの精神に則り、可能な限り努力するのが転職時のマナーです。

    退職に向けてやるべきこと

    1. 内定をもらったら1週間以内には返答する
    2. 就業規則に則り、退職の意思を伝える
    3. 退職届を書く ※書き方は下記サンプルを参照
    4. 後任への引き継ぎや、お世話になった方やお客様への挨拶まわり
    5. 会社から貸与された備品の返却
    6. 退職

    POINT

    • 引き止められても、信念を持って退職手続きを進めましょう。
    • 引き継ぎが不十分だと、次の職場にも連絡がきたりして、業務に支障が出ることもあるので注意。

    円満な転職へ2 ~退職願の書き方~

    エンジニア転職・人材紹介サービス
    1. 退職願と退職届の違い

      退職願は、企業側に雇用契約の解除をお願いする場合の書き方。退職届のほうは、一方的に雇用契約の解除を申し出る場合の書き方。円満退職を目指すなら、退職願と書いたほうがいいでしょう。

    2. 一身上の都合により

      退職には様々な理由がありますが、ここでは事細かに記したりせず、一身上の都合と書くのが通例です。

    3. お願い申し上げます。

      退職願なので、お願い申し上げますという書き方をしましょう。

    4. 印鑑

      名前の下には必ず押印するようにしましょう。認印で大丈夫です。

    5. 宛名

      宛名は社長となります。ただし、退職願を手渡すのは直属の上司ですので、間違えないようにしましょう。

    POINT

    • 封筒、便箋ともに白地のものを選びましょう。
    • すべて直筆による手書きでなければいけません。

    前の記事は面接の心構えについてです。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて
    給与:>

    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第5回目は、円満な転職を迎えるための、引き継ぎの心得や退職願の書き方についてです。

    円満な転職へ1 ~退職に向けての手順~

    エンジニア転職・人材紹介サービス

    退職の意思は、退職日の2週間前に申し出るのが民法で定められています。しかし1ヶ月前までに申し出ることを社内ルールとしている企業も多いので、自社の就業規則を必ず確認するようにしてください。もちろん後任に業務を引き継ぐとなると、1ヶ月では不十分な場合もあると思います。立つ鳥跡を濁さずの精神に則り、可能な限り努力するのが転職時のマナーです。

    退職に向けてやるべきこと

    1. 内定をもらったら1週間以内には返答する
    2. 就業規則に則り、退職の意思を伝える
    3. 退職届を書く ※書き方は下記サンプルを参照
    4. 後任への引き継ぎや、お世話になった方やお客様への挨拶まわり
    5. 会社から貸与された備品の返却
    6. 退職

    POINT

    • 引き止められても、信念を持って退職手続きを進めましょう。
    • 引き継ぎが不十分だと、次の職場にも連絡がきたりして、業務に支障が出ることもあるので注意。

    円満な転職へ2 ~退職願の書き方~

    エンジニア転職・人材紹介サービス
    1. 退職願と退職届の違い

      退職願は、企業側に雇用契約の解除をお願いする場合の書き方。退職届のほうは、一方的に雇用契約の解除を申し出る場合の書き方。円満退職を目指すなら、退職願と書いたほうがいいでしょう。

    2. 一身上の都合により

      退職には様々な理由がありますが、ここでは事細かに記したりせず、一身上の都合と書くのが通例です。

    3. お願い申し上げます。

      退職願なので、お願い申し上げますという書き方をしましょう。

    4. 印鑑

      名前の下には必ず押印するようにしましょう。認印で大丈夫です。

    5. 宛名

      宛名は社長となります。ただし、退職願を手渡すのは直属の上司ですので、間違えないようにしましょう。

    POINT

    • 封筒、便箋ともに白地のものを選びましょう。
    • すべて直筆による手書きでなければいけません。

    前の記事は面接の心構えについてです。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて

                詳細を見る           

  • IT転職IT求人

    転職大辞典 ~エンジニア転職副読記事Vol.4~
    面接の心構えについて

    転職大辞典
    仕事の内容:
    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。
    第4回目は、面接の心構えについて解説していきます。

    転職成功に向けて1 ~応募先企業の情報を集めよう~

    転職において重要となるのは、応募先企業のことをどれだけ理解しているかです。事業内容や仕事内..........
    応募資格:こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。
    第4回目は、面接の心構えについて解説していきます。

    転職成功に向けて1 ~応募先企業の情報を集めよう~

    転職成功に向けて1 ~応募先企業の情報を集めよう~ エンジニア転職・人材紹介サービス

    転職において重要となるのは、応募先企業のことをどれだけ理解しているかです。事業内容や仕事内容をしっかりと理解しておくのはもちろんですし、その企業のニュース記事などにも目を通しておくのもいいでしょう。また最近ではフェイスブックを活用している企業も多いので、ぜひ一読しておきたいところです。その中で、もしも社長や社員の方がブログを行っているようなら要チェック。その転職先企業の理念や組織風土が伺い知れて、面接での話のネタにたいへん役に立ちます。

    POINT

    • 売上高、業界内での順位など、その企業の魅力を数字で語れるようにしておくと、よりGood。
    • SNSや社長、社員のブログがあったら、その企業のカルチャーを伺い知ることができるので要チェックです。

    転職成功に向けて2 ~人事の質問に備えよう~

    エンジニア転職・人材紹介サービス

    面接で投げかけられる質問には、すべてに何らかの意図があります。たとえば、必ず聞かれる「当社に応募した理由はなんですか?」という質問には、入社の本気度を測る目的が含まれています。このほか、事前に回答を用意しておくと安心できる7つの質問を以下にご用意しました。自分だけの答えをぜひ考えてみてください。

    これだけは答えられるようにしておきたい7つの質問。

    1. 当社に応募した理由はなんですか?

      入社の本気度合いを測る質問です。自身の転職目的と照らし合わせながら、自分の言葉で考えを語るようにしましょう。

    2. なぜ転職しようと考えたのですか?

      ネガティブな理由を答えたり、現職場の愚痴をこぼすことは厳禁。自分の将来を見据えた、前向きな転職であると述べましょう。

    3. 入社後はどんな仕事に取り組みたいですか?

      事業内容や業務内容への理解度を測る質問です。自分の能力を踏まえて、一つ上のレベルにチャレンジするための転職である旨を答えると好印象です。

    4. 仕事をするうえで、大切にしていることはなんですか?

      結果重視、協調性重視など、仕事のスタイルに関する質問です。携わる業務の性質と見比べながら、転職先で自分はどうありたいのかを回答してください。

    5. 今後、どんなふうに成長していきたいですか?

      中長期的な将来に対する質問です。スペシャリスト、ゼネラリストなど自分が目指したい方向性を答えると同時に、応募先企業にどんないい影響を及ぼしていけるのかも答えるといいでしょう。

    6. 今までのあなたの実績をPRしてください。

      あなたの能力が、転職先でどう発揮されるのかを測るための質問です。経験の棚卸しを行った際に理解した、自分自身の強みと組み合わせてPRするといいでしょう。

    7. あなたからの質問はありますか?

      事業内容、業務内容、職場の仲間、先輩後輩など、転職に関して気になることはなんでも質問してみましょう。「特にありません」と答えるのは、当社に関心が薄いと思われてしまうので絶対にNGです。

    POINT

    • 誇張したり、へりくだったりせず、自分の考えを素直に回答することが重要です。
    • 給与や勤務地、就業時間など、気になることは遠慮なく質問しましょう。ただし話の流れは考慮しながら。

    転職成功に向けて3 ~面接ではこんな点も見られています~

    エンジニア転職・人材紹介サービス

    面接で見定められるのは、一言でいえば人間性です。面談にばかり気を取られすぎず、以下の点がおろそかにならないように十分に気を付けてください。

    1. 服装

      スーツにネクタイ着用であることが大前提。特に転職ではスーツは黒、紺、グレーといったオーソドックスな色合いのものを選ぶと、相手に誠実な印象を与えられます。業態によっては「カジュアルな服装でお越しください」と言われることもありますが、それでもジャケット&パンツスタイルは必須と捉えるべきです。

    2. 時間

      遅刻するのはもってのほかですが、早く着きすぎるのもかえって迷惑。5分前に到着するくらいがスマートです。また、交通状況などやむを得ない事情で遅刻する場合には、可能な限り早めに先方へ連絡するようにしましょう。急なトラブルの対応力も、転職では評価を高める一因となります。

    3. 挨拶

      扉をノックし、「失礼します」の一言とあわせて入室。「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶し、促されてから着席。面接が終わったら、「ありがとうございました」とお礼を述べ、「失礼します」とともに退室。ビルを出るまで油断せず、廊下ですれ違う方にも挨拶や会釈を忘れずに。

    4. 受け答えのしぐさ

      面接官の目を見て話すのが基本ですが、苦手な人は眉間を見ながら話すといいでしょう。相手の話に対しても、「それはこういうことでしょうか」などと自分の言葉で返せたら、印象もよくなります。またメモを取りたい時には、必ず相手の了承を得てから行うようにしましょう。

    POINT

    • カフェで一服してから面接にのぞむなど、なるべくリラックスした状態を作るようにしましょう。
    • 些細な失敗を気にせず、誠心誠意で自己PRにつとめよう。

    以上、第5回へと続きます。次回は、内定をもらった後の、円満転職に向けての準備です。

    前の記事は職務経歴書の書き方です。
    次の記事は円満な転職に向けて内定後の準備です。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて
    給与:p>こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。
    第4回目は、面接の心構えについて解説していきます。

    転職成功に向けて1 ~応募先企業の情報を集めよう~

    エンジニア転職・人材紹介サービス

    転職において重要となるのは、応募先企業のことをどれだけ理解しているかです。事業内容や仕事内容をしっかりと理解しておくのはもちろんですし、その企業のニュース記事などにも目を通しておくのもいいでしょう。また最近ではフェイスブックを活用している企業も多いので、ぜひ一読しておきたいところです。その中で、もしも社長や社員の方がブログを行っているようなら要チェック。その転職先企業の理念や組織風土が伺い知れて、面接での話のネタにたいへん役に立ちます。

    POINT

    • 売上高、業界内での順位など、その企業の魅力を数字で語れるようにしておくと、よりGood。
    • SNSや社長、社員のブログがあったら、その企業のカルチャーを伺い知ることができるので要チェックです。

    転職成功に向けて2 ~人事の質問に備えよう~

    エンジニア転職・人材紹介サービス

    面接で投げかけられる質問には、すべてに何らかの意図があります。たとえば、必ず聞かれる「当社に応募した理由はなんですか?」という質問には、入社の本気度を測る目的が含まれています。このほか、事前に回答を用意しておくと安心できる7つの質問を以下にご用意しました。自分だけの答えをぜひ考えてみてください。

    これだけは答えられるようにしておきたい7つの質問。

    1. 当社に応募した理由はなんですか?

      入社の本気度合いを測る質問です。自身の転職目的と照らし合わせながら、自分の言葉で考えを語るようにしましょう。

    2. なぜ転職しようと考えたのですか?

      ネガティブな理由を答えたり、現職場の愚痴をこぼすことは厳禁。自分の将来を見据えた、前向きな転職であると述べましょう。

    3. 入社後はどんな仕事に取り組みたいですか?

      事業内容や業務内容への理解度を測る質問です。自分の能力を踏まえて、一つ上のレベルにチャレンジするための転職である旨を答えると好印象です。

    4. 仕事をするうえで、大切にしていることはなんですか?

      結果重視、協調性重視など、仕事のスタイルに関する質問です。携わる業務の性質と見比べながら、転職先で自分はどうありたいのかを回答してください。

    5. 今後、どんなふうに成長していきたいですか?

      中長期的な将来に対する質問です。スペシャリスト、ゼネラリストなど自分が目指したい方向性を答えると同時に、応募先企業にどんないい影響を及ぼしていけるのかも答えるといいでしょう。

    6. 今までのあなたの実績をPRしてください。

      あなたの能力が、転職先でどう発揮されるのかを測るための質問です。経験の棚卸しを行った際に理解した、自分自身の強みと組み合わせてPRするといいでしょう。

    7. あなたからの質問はありますか?

      事業内容、業務内容、職場の仲間、先輩後輩など、転職に関して気になることはなんでも質問してみましょう。「特にありません」と答えるのは、当社に関心が薄いと思われてしまうので絶対にNGです。

    POINT

    • 誇張したり、へりくだったりせず、自分の考えを素直に回答することが重要です。
    • 給与や勤務地、就業時間など、気になることは遠慮なく質問しましょう。ただし話の流れは考慮しながら。

    転職成功に向けて3 ~面接ではこんな点も見られています~

    エンジニア転職・人材紹介サービス

    面接で見定められるのは、一言でいえば人間性です。面談にばかり気を取られすぎず、以下の点がおろそかにならないように十分に気を付けてください。

    1. 服装

      スーツにネクタイ着用であることが大前提。特に転職ではスーツは黒、紺、グレーといったオーソドックスな色合いのものを選ぶと、相手に誠実な印象を与えられます。業態によっては「カジュアルな服装でお越しください」と言われることもありますが、それでもジャケット&パンツスタイルは必須と捉えるべきです。

    2. 時間

      遅刻するのはもってのほかですが、早く着きすぎるのもかえって迷惑。5分前に到着するくらいがスマートです。また、交通状況などやむを得ない事情で遅刻する場合には、可能な限り早めに先方へ連絡するようにしましょう。急なトラブルの対応力も、転職では評価を高める一因となります。

    3. 挨拶

      扉をノックし、「失礼します」の一言とあわせて入室。「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶し、促されてから着席。面接が終わったら、「ありがとうございました」とお礼を述べ、「失礼します」とともに退室。ビルを出るまで油断せず、廊下ですれ違う方にも挨拶や会釈を忘れずに。

    4. 受け答えのしぐさ

      面接官の目を見て話すのが基本ですが、苦手な人は眉間を見ながら話すといいでしょう。相手の話に対しても、「それはこういうことでしょうか」などと自分の言葉で返せたら、印象もよくなります。またメモを取りたい時には、必ず相手の了承を得てから行うようにしましょう。

    POINT

    • カフェで一服してから面接にのぞむなど、なるべくリラックスした状態を作るようにしましょう。
    • 些細な失敗を気にせず、誠心誠意で自己PRにつとめよう。

    以上、第5回へと続きます。次回は、内定をもらった後の、円満転職に向けての準備です。

    前の記事は職務経歴書の書き方です。
    次の記事は円満な転職に向けて内定後の準備です。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて

                詳細を見る           

  • IT転職IT求人

    転職大辞典 ~エンジニア転職副読記事Vol.3~
    職務経歴書の書き方

    職務経歴書 転職大辞典
    仕事の内容:
    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第三回目は、転職時に必要となる職務経歴書の書き方です。


    職務経歴書の準備

    職務経歴書は、ITエンジニアにとって最も重要なアピール手段の一つ。今までのスキルや経験をうまくPRして、転職成功へぐっと近づい..........
    応募資格:のブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第三回目は、転職時に必要となる職務経歴書の書き方です。

    職務経歴書の準備

    職務経歴書の準備

    自分のキャリアを棚卸ししてみましょう。

    職務経歴書は、ITエンジニアにとって最も重要なアピール手段の一つ。今までのスキルや経験をうまくPRして、転職成功へぐっと近づいていきましょう。そのためにまずやるべきことは、今までに蓄えてきたスキルや経験、職務知識を一度洗い出してみること。これを俗に、経験の「棚卸し」と呼びます。では、どのように棚卸しをするのかというと、

    • どんな会社で勤務してきたか?(社名、業種、資本金、従業員数)
    • どんな業務に取り組んできたか?(就業期間、職務内容、業務上のポジション、開発実績、開発環境)
    • どんな待遇で働いていたか?(雇用形態、年収実績、待遇・福利厚生)
    • 身につけたことは何か?(技術スキル、マネージメントスキル、コミュニケーションスキル、業種知識)

    これらの項目を参考にして、今までに取り組んできたことを書き出してみてください。自分の強みや専門性がどこにあるのかを認識できると思います。そうしたら次は、それらを時系列に並べ直してみてください。それが職務経歴書となります。

    下記の職務経歴書サンプルを活用し、あなたも自分の職務経歴書を作成してみてください!

    職務経歴書サンプルダウンロード

    職務経歴書サンプルダウンロード

    POINT

    • 職務経歴はクドクドと書かずに、一つひとつ箇条書きによって端的に記すこと。
    • 仕事を通じて何を学んだかまで書いてあると、ライバルに差がつく職務経歴書となります。

    以上、第4回へと続きます。次は、面接前のセルフチェックについてです。

    前の記事は円満な転職に向けての準備です。
    次の記事は面接の心構えについてです。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて
    給与:ちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第三回目は、転職時に必要となる職務経歴書の書き方です。

    職務経歴書の準備

    自分のキャリアを棚卸ししてみましょう。

    職務経歴書は、ITエンジニアにとって最も重要なアピール手段の一つ。今までのスキルや経験をうまくPRして、転職成功へぐっと近づいていきましょう。そのためにまずやるべきことは、今までに蓄えてきたスキルや経験、職務知識を一度洗い出してみること。これを俗に、経験の「棚卸し」と呼びます。では、どのように棚卸しをするのかというと、

    • どんな会社で勤務してきたか?(社名、業種、資本金、従業員数)
    • どんな業務に取り組んできたか?(就業期間、職務内容、業務上のポジション、開発実績、開発環境)
    • どんな待遇で働いていたか?(雇用形態、年収実績、待遇・福利厚生)
    • 身につけたことは何か?(技術スキル、マネージメントスキル、コミュニケーションスキル、業種知識)

    これらの項目を参考にして、今までに取り組んできたことを書き出してみてください。自分の強みや専門性がどこにあるのかを認識できると思います。そうしたら次は、それらを時系列に並べ直してみてください。それが職務経歴書となります。

    下記の職務経歴書サンプルを活用し、あなたも自分の職務経歴書を作成してみてください!

    職務経歴書サンプルダウンロード

    職務経歴書サンプルダウンロード

    POINT

    • 職務経歴はクドクドと書かずに、一つひとつ箇条書きによって端的に記すこと。
    • 仕事を通じて何を学んだかまで書いてあると、ライバルに差がつく職務経歴書となります。

    以上、第4回へと続きます。次は、面接前のセルフチェックについてです。

    前の記事は円満な転職に向けての準備です。
    次の記事は面接の心構えについてです。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて

                詳細を見る           

  • IT転職IT求人

    転職大辞典 ~エンジニア転職副読記事Vol.2~
    円満な転職に向けての準備

    転職大辞典 転職用語辞典
    仕事の内容:
    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第二回目は、円満な転職を果たすために必要な手順などを解説します。

    転職活動の準備1 自己分析をしてみよう。

    「あなたはなぜ、転職しようと考えたのですか?」
    これは、面接の際に最も多く聞かれる質問で..........
    応募資格:こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第二回目は、円満な転職を果たすために必要な手順などを解説します。

    転職活動の準備1 自己分析をしてみよう。

    「あなたはなぜ、転職しようと考えたのですか?」

    勤務地:>こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第二回目は、円満な転職を果たすために必要な手順などを解説します。

    転職活動の準備1 自己分析をしてみよう。

    「あなたはなぜ、転職しようと考えたのですか?」

    あなたはなぜ、転職しようと考えたのですか?

    これは、面接の際に最も多く聞かれる質問です。たくさんの収入を得たいから。世の中に貢献できるシステムを開発したいから。ワークライフバランスを重視したいから。それぞれいろんな理由があると思いますが、ちょっと冷静になって考えてみましょう。それは、現在の勤め先では叶えられないことなのでしょうか?もしも配属転換などで解決できるのであれば、いったん転職を待ってみるのも一つの選択です。
    逆に、環境を変えることでしか成し遂げられない目標があるのなら、前向きに転職活動を進めていくべきです。確固たる転職目的を持つこと、それが転職成功への第一歩です。

    POINT

    • 転職する目的を明確にするのが、転職成功への第一歩。
    • あいまいな理由しか浮かばないなら、いったん転職を見送るのも一つの選択です。

    転職活動の準備2 転職スケジュール表を作ろう。

    転職スケジュールを作ろう。

    ITエンジニアの標準的な転職活動期間は、約3ヶ月間と言われています。日常の業務と並行しながら、募集企業の検索や職務経歴書の作成、面接参加を行わなければなりませんので、3ヶ月なんて意外とあっという間に過ぎてしまいます。時間を無駄にしないためにも、まずは転職スケジュール表を作ってみましょう。
    ポイントは、希望の入社月日を決めること。そこから逆算して、いつまでにこれをやる!と細かくスケジュールを立てていくと、転職の流れがイメージしやすくなり、活動もスムーズに進めていけます。

    POINT

    • いつまでにこれをやる!と活動内容をある程度固めておくこと。
    • 日常の業務に支障をきたさないようにスケジュールを組むのが、円満退職への秘訣です。

    転職活動の準備3 企業選びを始めよう。

    企業選びを始めよう。

    転職の目的を、必ずしも一つに絞る必要はありません。スキルアップと職住接近を両方実現したい!など、目的が多ければそれだけ満足度の高い転職が目指せるのですから。
    ただし、あれもこれもと欲張りすぎて、一番に果たしたかった目的がおざなりになってしまうようだと本末転倒です。ここで大事にしたいのが、目的に優先順位をつけること。まずは一番手、二番手の目的にマッチした会社を複数選んで、まとめてエントリーしてはいかがでしょうか。

    <あなたの転職の目的はなんですか?>

    • もっと多くの収入を得たい。
    • スキルアップできる仕事がしたい。
    • いい上司や同僚に恵まれたい。
    • もっとワークライフバランスの整った環境で働きたい。
    • 職住が接近した環境を望みたい。

    大事なことから優先順位をつけていきましょう。

    POINT

    • 本来の転職目的を見失わないためにも、目的に優先順位をつけることが肝心。
    • ITエンジニアの場合、5~9社程度の応募を目安とすることが一般的です。

    以上、第3回へと続きます。次は、職務経歴書の準備の仕方についてです。

    前の記事は転職の概念とその成り立ちについてです。
    次の記事は職務経歴書の書き方です。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて
    給与:p>こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第二回目は、円満な転職を果たすために必要な手順などを解説します。

    転職活動の準備1 自己分析をしてみよう。

    「あなたはなぜ、転職しようと考えたのですか?」

    あなたはなぜ、転職しようと考えたのですか?

    これは、面接の際に最も多く聞かれる質問です。たくさんの収入を得たいから。世の中に貢献できるシステムを開発したいから。ワークライフバランスを重視したいから。それぞれいろんな理由があると思いますが、ちょっと冷静になって考えてみましょう。それは、現在の勤め先では叶えられないことなのでしょうか?もしも配属転換などで解決できるのであれば、いったん転職を待ってみるのも一つの選択です。
    逆に、環境を変えることでしか成し遂げられない目標があるのなら、前向きに転職活動を進めていくべきです。確固たる転職目的を持つこと、それが転職成功への第一歩です。

    POINT

    • 転職する目的を明確にするのが、転職成功への第一歩。
    • あいまいな理由しか浮かばないなら、いったん転職を見送るのも一つの選択です。

    転職活動の準備2 転職スケジュール表を作ろう。

    転職スケジュールを作ろう。

    ITエンジニアの標準的な転職活動期間は、約3ヶ月間と言われています。日常の業務と並行しながら、募集企業の検索や職務経歴書の作成、面接参加を行わなければなりませんので、3ヶ月なんて意外とあっという間に過ぎてしまいます。時間を無駄にしないためにも、まずは転職スケジュール表を作ってみましょう。
    ポイントは、希望の入社月日を決めること。そこから逆算して、いつまでにこれをやる!と細かくスケジュールを立てていくと、転職の流れがイメージしやすくなり、活動もスムーズに進めていけます。

    POINT

    • いつまでにこれをやる!と活動内容をある程度固めておくこと。
    • 日常の業務に支障をきたさないようにスケジュールを組むのが、円満退職への秘訣です。

    転職活動の準備3 企業選びを始めよう。

    企業選びを始めよう。

    転職の目的を、必ずしも一つに絞る必要はありません。スキルアップと職住接近を両方実現したい!など、目的が多ければそれだけ満足度の高い転職が目指せるのですから。
    ただし、あれもこれもと欲張りすぎて、一番に果たしたかった目的がおざなりになってしまうようだと本末転倒です。ここで大事にしたいのが、目的に優先順位をつけること。まずは一番手、二番手の目的にマッチした会社を複数選んで、まとめてエントリーしてはいかがでしょうか。

    <あなたの転職の目的はなんですか?>

    • もっと多くの収入を得たい。
    • スキルアップできる仕事がしたい。
    • いい上司や同僚に恵まれたい。
    • もっとワークライフバランスの整った環境で働きたい。
    • 職住が接近した環境を望みたい。

    大事なことから優先順位をつけていきましょう。

    POINT

    • 本来の転職目的を見失わないためにも、目的に優先順位をつけることが肝心。
    • ITエンジニアの場合、5~9社程度の応募を目安とすることが一般的です。

    以上、第3回へと続きます。次は、職務経歴書の準備の仕方についてです。

    前の記事は転職の概念とその成り立ちについてです。
    次の記事は職務経歴書の書き方です。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて

                詳細を見る           

  • IT転職IT求人

    転職大辞典 ~エンジニア転職副読記事~ Vol.1
    転職の概念とその成り立ちについて

    転職大辞典
    仕事の内容:
    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第一回目は、転職の定義とその歴史や成り立ちについて解説していきます。

    転職とは


    職業を変えること。広義では、職場を変えることとも捉えられる。
    転職の定義とは、雇用主と被雇用者との間の雇用..........
    応募資格:

    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第一回目は、転職の定義とその歴史や成り立ちについて解説していきます。

    転職とは

    • 職業を変えること。広義では、職場を変えることとも捉えられる。
    • 転職の定義と..........
    勤務地:>

    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第一回目は、転職の定義とその歴史や成り立ちについて解説していきます。

    転職とは

    • 職業を変えること。広義では、職場を変えることとも捉えられる。
    • 転職の定義とは、雇用主と被雇用者との間の雇用契約を解除し、別の新たな雇用主と雇用契約を結ぶことであるとされる。
    • 日本では転職のことを、従事している職種を変えることではなく、雇用主を変えることを指すのが一般的。
    • ただし、独立や起業することも転職と数える場合が多い。

    転職の歴史

    日本で初めての職業区分けと考えられている、士農工商。
    • 日本で初めて職業を明確に区分けするようになったのは、江戸時代といわれている。いわゆる士農工商である。最近の研究では、当時は実は農・工・商の区分けはそれほど厳密にあったわけではなく、各職業間での転職は珍しいことではなかったとされている。ただし士だけは家柄によって決められていたため、他の身分の者が武士へ転職するためには、その家へ婿入りするというのが唯一の方法であった。
    • 明治時代に入ってからは、転職といえば引き抜きであった。雇用契約を結ぶという習慣がまだなく、転職者は自分の腕前と照らし合わせながら、より良い雇用条件を求めてある程度自由に転職することができた。
    • 雇用契約という概念が浸透し始めたのは、大正時代に入ってからである。終身雇用という概念が生まれたのもこの頃だと言われている。しかし、労使間で終身雇用という契約を厳密に結んでいたわけではなく、人情や縁、恩情を大切にする日本人の気質が、一つの会社で長く働くことが美徳であるという考えに結び付いたのではないかと考えられている。
    • 昭和の時代に入って近代化が進むにつれ、雇用主と被雇用者との間で労働条件の取り交わしが徐々に行われるようになっていった。欧米の契約文化が日本にも浸透してきたことが背景と言われている。
    • 高度経済成長を支えたのは、終身雇用の安心であった。
    • 二度の大戦を経て焼け野原になりながらも、目覚ましい復興を遂げ、高度成長期を迎えることができた日本。その原動力となったのは、終身雇用という制度が定着したためである。当時は物を作れば売れる時代。被雇用者にとっても過酷な労働を強いられる時代にあった。それでも生涯にわたって賃金が上がり続け、生活が保障されるという終身雇用は、当時のビジネスマンを大いに奮い立たせた。そういった情勢下にあって、転職はむしろ異端と見られる風潮が強かった。
    • 終身雇用に重きを置いた雇用契約は、1970年代にまで続く。しかし人々が安定した生活を手にするようになると、徐々にワークライフバランスといった概念が芽生え始め、職との向き合い方も多様的になっていった。それを象徴するのが、1980年代よりリクルートが発刊したB-ingやとらばーゆといった転職情報誌の登場である。それによって徐々に若い世代から、転職は先進的な考え方であると受け入れられるようになっていった。
    • ところがバブル経済期に入ると、新卒から大企業への門戸が大いに開かれるようになり、それによって転職文化がやや下火になっていった。そこにもやはり、長く勤めれば給与やボーナスが右肩上がりに上がっていく、終身雇用へのゆるぎない信頼があった。
    • 人々が転職と真剣に向き合うことになったのは、バブル崩壊後の長期不況がきっかけであった。年長者が尊重される年功序列の評価制度はことごとく粉砕され、社会は実力主義へといやおうなく変化を遂げていった。そのさなかにあって人々の目は、安定よりも成長や自己実現を重視するようになっていった。実力のあるものが、より好条件の職場へと移っていく。転職が社会的に評価される時代は、この頃より始まったと言える。
    • 今日では、転職=キャリアアップと解釈され、目標や目的と位置づけられるくらいに当たり前のこととなっている。その反作用として、終身雇用を大切にする数少ない企業が、労働者から人気を博すという現象も起こっている。

    以上、第2回へと続きます…

    次の記事は円満な転職に向けての準備です。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて
    給与:1>

    こちらのブログでは、転職活動を始めるに当たり、耳慣れない用語、分かりにくい用語などを解説していきます。第一回目は、転職の定義とその歴史や成り立ちについて解説していきます。

    転職とは

    • 職業を変えること。広義では、職場を変えることとも捉えられる。
    • 転職の定義とは、雇用主と被雇用者との間の雇用契約を解除し、別の新たな雇用主と雇用契約を結ぶことであるとされる。
    • 日本では転職のことを、従事している職種を変えることではなく、雇用主を変えることを指すのが一般的。
    • ただし、独立や起業することも転職と数える場合が多い。

    転職の歴史

    日本で初めての職業区分けと考えられている、士農工商。
    • 日本で初めて職業を明確に区分けするようになったのは、江戸時代といわれている。いわゆる士農工商である。最近の研究では、当時は実は農・工・商の区分けはそれほど厳密にあったわけではなく、各職業間での転職は珍しいことではなかったとされている。ただし士だけは家柄によって決められていたため、他の身分の者が武士へ転職するためには、その家へ婿入りするというのが唯一の方法であった。
    • 明治時代に入ってからは、転職といえば引き抜きであった。雇用契約を結ぶという習慣がまだなく、転職者は自分の腕前と照らし合わせながら、より良い雇用条件を求めてある程度自由に転職することができた。
    • 雇用契約という概念が浸透し始めたのは、大正時代に入ってからである。終身雇用という概念が生まれたのもこの頃だと言われている。しかし、労使間で終身雇用という契約を厳密に結んでいたわけではなく、人情や縁、恩情を大切にする日本人の気質が、一つの会社で長く働くことが美徳であるという考えに結び付いたのではないかと考えられている。
    • 昭和の時代に入って近代化が進むにつれ、雇用主と被雇用者との間で労働条件の取り交わしが徐々に行われるようになっていった。欧米の契約文化が日本にも浸透してきたことが背景と言われている。
    • 高度経済成長を支えたのは、終身雇用の安心であった。
    • 二度の大戦を経て焼け野原になりながらも、目覚ましい復興を遂げ、高度成長期を迎えることができた日本。その原動力となったのは、終身雇用という制度が定着したためである。当時は物を作れば売れる時代。被雇用者にとっても過酷な労働を強いられる時代にあった。それでも生涯にわたって賃金が上がり続け、生活が保障されるという終身雇用は、当時のビジネスマンを大いに奮い立たせた。そういった情勢下にあって、転職はむしろ異端と見られる風潮が強かった。
    • 終身雇用に重きを置いた雇用契約は、1970年代にまで続く。しかし人々が安定した生活を手にするようになると、徐々にワークライフバランスといった概念が芽生え始め、職との向き合い方も多様的になっていった。それを象徴するのが、1980年代よりリクルートが発刊したB-ingやとらばーゆといった転職情報誌の登場である。それによって徐々に若い世代から、転職は先進的な考え方であると受け入れられるようになっていった。
    • ところがバブル経済期に入ると、新卒から大企業への門戸が大いに開かれるようになり、それによって転職文化がやや下火になっていった。そこにもやはり、長く勤めれば給与やボーナスが右肩上がりに上がっていく、終身雇用へのゆるぎない信頼があった。
    • 人々が転職と真剣に向き合うことになったのは、バブル崩壊後の長期不況がきっかけであった。年長者が尊重される年功序列の評価制度はことごとく粉砕され、社会は実力主義へといやおうなく変化を遂げていった。そのさなかにあって人々の目は、安定よりも成長や自己実現を重視するようになっていった。実力のあるものが、より好条件の職場へと移っていく。転職が社会的に評価される時代は、この頃より始まったと言える。
    • 今日では、転職=キャリアアップと解釈され、目標や目的と位置づけられるくらいに当たり前のこととなっている。その反作用として、終身雇用を大切にする数少ない企業が、労働者から人気を博すという現象も起こっている。

    以上、第2回へと続きます…

    次の記事は円満な転職に向けての準備です。

    円満転職への副読記事

    転職の概念とその成り立ちについて

                詳細を見る