RadioButtonとCheckBox

Android ユーザーインターフェース応用 ウィジェット RadioButton,CheckBox 【Android Tips】

Posted 4月 11 2013 by NABE  , ,

RadioButtonとCheckBox

1
Android ユーザーインターフェース応用
ウィジェット RadioButtonとCheckBox
この章ではAndroidのウィジェットであるRadioButtonとCheckBoxについて解説していきます。
RadioButton
ラジオボタンはRadioGroupとRadioButtonウィジェットを使用し、相互排他(1つが有効で他が無効)のラジオボタンを作成します。
 java.lang.Object
 →android.view.View
 →android.widget.TextView
 →android.widget.Button
 →android.widget.CompoundButton
 →android.widget.RadioButton

クラスの定義は上記のようになっており、RadioButtonクラスはCompoundButtonクラスのサブクラスとなります。このRadioButtonは、RadioGroupと共に用いるのが一般的です。RadioGroupタグで囲まれているRadioButtonが一つのグループとなり、その中で一つだけ選択できるようになります。下記コードで確認してみましょう。

レイアウトxmlファイル

<RadioGroup
    android:id="@+id/radioGroup1"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="wrap_content" >

    <RadioButton
        android:id="@+id/radioButton1"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_alignParentLeft="true"
        android:layout_alignParentRight="true"
        android:layout_alignParentTop="true"
        android:text="ON" />

    <RadioButton
        android:id="@+id/radioButton2"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_alignParentLeft="true"
        android:layout_alignParentRight="true"
        android:layout_below="@+id/radioButton1"
        android:text="OFF" />
</RadioGroup>

このxmlファイルを確認すると、2つのRadioButtonを1つのRadioGroupとしていることがわかります。

javaファイル

package com.example.radiobutton;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.RadioButton;
import android.widget.RadioGroup;
import android.widget.RadioGroup.OnCheckedChangeListener;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		RadioGroup radioGroup = (RadioGroup) findViewById(R.id.radioGroup1);
		radioGroup.setOnCheckedChangeListener(new OnCheckedChangeListener() {

			@Override
			public void onCheckedChanged(RadioGroup group, int checkedId) {
				RadioButton radioButton = (RadioButton) findViewById(checkedId);
				Toast.makeText(MainActivity.this,
						radioButton.getText() + "を選択しました。",
                                   Toast.LENGTH_SHORT).show();
			}
		});

	}
}

次にjavaファイルを確認してみましょう。まず17行目でRadioGroupをインスタンス化しています。
RadioButtonをインスタンス化していないことがポイントです。
21行目にあるonCheckedChanged()はOnCheckedChangeListener()のコールバックメソッドで、RadioGroupのチェック状態が変換された時に呼び出されます。また、RadioButtonで用いるonCheckedChanged()の引数は以下の2つです。

  1. group:実際にクリックしたRadioButtonオブジェクトが含まれるRadioGroupオブジェクト
  2. checkedId:選択されたRadioButtonのID

このIDの値により各RadioButtonごとの処理を記述することが可能です。
今回の例では場合分けをせずに、クリックされたRadioButtonのテキストを取り出し、Toastに表示させています。

 

CheckBox

CheckBoxはアイテムの選択状態をON/OFFで表示することのできるウィジェットです。
 java.lang.Object
 →android.view.View
 →android.widget.TextView
 →android.widget.Button
 →android.widget.CompoundButton
 →android.widget.CheckBox

クラスの定義は上記のようになっており、CheckBoxはCompoundButtonクラスのサブクラスとなります。下記コードはCheckBoxの状態を、Toast内に表示するというものです。

レイアウトxmlファイル

<CheckBox
    android:id="@+id/checkBox1"
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:layout_alignParentLeft="true"
    android:layout_alignParentRight="true"
    android:layout_alignParentTop="true"
    android:text="CheckBox" />

javaファイル

package com.example.checkbox;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.CheckBox;
import android.widget.CompoundButton;
import android.widget.CompoundButton.OnCheckedChangeListener;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		CheckBox checkBox = (CheckBox) findViewById(R.id.checkBox1);
		checkBox.setOnCheckedChangeListener(new OnCheckedChangeListener() {

			@Override
			public void onCheckedChanged(CompoundButton buttonView,
					boolean isChecked) {
				if (isChecked) {
					Toast.makeText(MainActivity.this, "選択しました。", 
                                    Toast.LENGTH_SHORT).show();

				} else {
					Toast.makeText(MainActivity.this, "選択を解除しました。",
                                    Toast.LENGTH_SHORT).show();

				}
			}
		});

	}
}

CheckBoxで用いるonCheckedChanged()の引数は以下の2つです。

  1. buttonView:実際にクリックしたCompoundButtonオブジェクト
    (この例ではCheckBoxオブジェクトとなります。)
  2. checkedId:選択されたCheckBoxのON/OFFの状態を表すID

RadioButtonとの違いはcheckedIdのデータ型です。
RadioButtonではint型(ウィジェットのID)でしたが、CheckBoxではboolean型(true(チェックをした)/false(チェックを外した))となります。


Android TIPS



  未経験OKの仕事 |  上場企業の仕事 |  高待遇の仕事 |  外資系の仕事 |  社内SEで検索 |  自社サービスで検索





メールアドレス
ご質問・問い合わせ等、ご自由にお書きください。